第2日目 6月26日
広州から麗江へ。麗江観光。
 広州では朝少し時間があったので 付近の公園などを散歩しましたが、
二十数年前 桂林観光で寄った時には広い広州の町が人民服を着た
自転車の大群で溢れていたのに驚嘆し、今回はカラフルな服装と大きな
ビルの林立、それに自動車が多いのにびっくりした次第。

まさに近年の中国の経済発展の変化を目のあたりにする思いでした。
・朝11.50広州空港を飛び立ち 途中雲南省の省都昆明に一時着陸して
麗江に向かう予定であったところ、昆明空港へ到着と同時にまた検疫官が
機内に乗り込んできました。
 我々のグループの年配のご夫妻のご主人のほうが 広州離陸と同時に
39.3度の高熱を発し飛行機から無線連絡を受けた昆明検疫当局が乗り込
んできたもの。
 乗客全員いったん飛行機から降ろされ空港ビルではない特別の待合室
に入れられ、当初は我々グループ全員昆明の病院へ一時隔離するという
話でパニックになりかかりましたが結局当該ご夫妻のみ昆明の病院へ入院
し他は麗江市まで飛んでよいことになりました。

(このご主人のほうも昆明の病院へ2-3日入院してDNAの精密検査の結果
問題の豚ウイルスなどではなく単なる過労による発熱だろうとのことで結果
的には無罪放免となりました)。

そんなこんなで当初15:20麗江空港到着予定が昆明でしばらく足止めと
なっため麗江のホテルには18時到着。そのまま夕食となり予定が大幅に
狂いましたが、夕食後麗江古城の見学と少数民族ナシ族の東巴(トンパ)
古典音楽の鑑賞を行い曲がりなりにも
雲南省観光の始まりです。



麗江市

かって少数民族ナシ族の王都で現在でもナシ族初めリス族、プミ族、ペー族、
イ族など漢民族より少数民族が多い地域。

 ここは元・明・清の3王朝時代 470年にわたりナシ族の王朝木氏が治めて
いた街で 標高5596mの玉龍雪山を背景に あちこちに水が流れる石畳と
瓦屋根のきれいな街で雲南省からチベット方面を結ぶ茶葉古道の中継地で
もあり、長く繁栄をつづけていた。

1996年四川省大地震の影響で大きな影響を受けたが、翌年世界遺産の
指定を機に復興が進められ現在は雲南省観光の一大拠点となっている。

面積:7648、人口114万人。街の標高は約2400m。

またナシ族の象形文字トンパ文字が残っているのでも有名で、現在世界で
実用状態で残っている唯一の象形文字であり世界文化遺産でもあります。
トンパ(東巴)とはナシ族の宗教文化で大トンパと称される宗教指導者を中心
にいまでも民族固有の祭祀を続けている。


雲南省予定表へ