第十一日目
 ビクトリアフォールズ(ザンビア側)ならびにセスナ機による
ビクトリア大瀑布見学、空路ヨハネスブルグ経由ケープタウンへ


・前日観光できなかったザンビア側からのビクトリア瀑布見学のため、5.30モーニング・
コールで6.00バスにてホテル発(朝食はバスの中でサンドイッチ弁当)
6.20 まだ暗いうちに国境を越えてザンビア側へ。
(ザンビア側ではザンビアのバスとガイドを使うことが義務付けられているため、我々
のバスの後ろに空のマイクロバスが追随)



 東の瀧から観光を始め、7時過ぎ水煙の中の日の出。



相変わらずザンビア側も水煙が多く、よい写真にはなりませんでしたが、黎明の瀧も
また雰囲気が変わって悪くありませんでした。
(昨夕から使いだした予備のポケットカメラは無事)



 国境にてジンバブエ側への再入国手続きを経て7.50ビクトリアフォールズ空港着。
・今回の旅行コースには 雨季の間だけセスナによる遊覧飛行がついているので、
メンバーを四回に分けて20分ほど遊覧飛行。









 飛行機から眺めるのには 水煙大歓迎で カメラの浸水の心配も無く雄大な景観を
楽しむことが出来ました。
同じビクトリアフォールズ空港からジンバブエ出国、12.00発、ヨハネスブルグ空港13.35着。
此処で南アフリカへの入国手続きを経て、飛行機を乗り継ぎ16.00発にてケープタウン
空港18.10着。
 本旅行中始めて日本語の現地ガイドに接しました。
(日本生まれの日本育ち、父親の関係で国籍はドイツとか)
 夕食はケープタウンのカナル指定という大型ショッピングセンター内の中華レストラン。
宿泊のTHE CAPE TOWN LODGEへ 20.55着。 〔今夜から此処へ3連泊です〕

南アフリカ共和国
面 積
人 口
民 族
言 語
122万k屐‘本の約3.2倍
4500万人
黒人79%、白人9.6%、カラード(混血)8.9%、アジア系2.5%
英語、アフリカーンス語、バンツー諸語(ズールー語、ソト語ほか)の合計11が公用語
1652年

1814年
1836年
1852年
1854年

1910年

1990年
1994年
ヤン・ファン・リーベック率いる最初のオランダ人がケープタウンの場所に入植
イギリスがケープタウンを支配
英支配を嫌うオランダ系住民の大移動ボーア人のグレートトレックボーア人, トランスバール自由国設立
ボーア人,オレンジ自由国設立、金やダイヤが発見されると,2回の戦争を経てイギリスの植民地となる
南アフリカ連邦発足初代首相ルイ・ボータはボーア人労働者を守る為,黒人,混血人の差別法を制定
ネルソン・マンデラ釈放,差別法がひとつづ緩和,撤廃されてゆく
多民族選挙実施,マンデラ大統領に
1995年11月
1997年2月
1999年6月
2004年4月
全人種参加の地方選挙を実施。
新憲法発効。
総選挙実施(民主化後2回目)ムベキ大統領就任
総選挙実施(民主化後3回目)ムベキ大統領再任
ケープタウン   人口 350万人
1652年 ヤン・ファン・リーベック率いる最初のオランダ人が入植した南アフリカ
発祥の都市マザーシティー国会がおかれる立法府の首都、西ケープ州都
イギリス系白人が多くリベラルな気風


              
            ここをクリックするとアフリカ写真紀行目次に戻る