第二日目

香港からヨハネスブルグ乗継ケニア首都ナイロビ到着まで


 いや本当にアフリカは遠いですね。
今回の旅行は2004年10月に当家奥方様がいらっしゃったのと全く同じコースですが奥方様も草臥れたと仰っておいででした。
 何しろ、初日21日の17.50発JALで香港迄4時間半 21.25着。そこから南アフリカ航空で23.50発ヨハネスブルグ迄13時間 22日7.00到着。そこからさらに南アフリカ航空の別の便に乗り換えてケニアの首都ナイロビまで約4時間 22日14.30着。

特にこの二日目は散々飛行機で疲れた後、荷物が一つ着かないこともあって時間を取られ、一行21名ナイロビ空港からサファリ用の四輪駆動五台に分乗してナイロビ市街を抜けて ナイバシャ湖畔の最初のホテル(NAIVASHA COUNTRY CLUB)まで160km約2時間半到着は夕刻18時過ぎとなり正に疲労困憊でした。
 この日乗り継ぎの南アフリカ ヨハネスブルグ空港到着時の写真、その後ケニアのナイロビ空港迄跳ぶ便の途中飛行機から眺めたキリマンジャロの勇姿、そして最初の宿泊地ケニアのナイバシャ湖畔の夕景写真の三枚を添付しておきます。




ケニア
面積 約58万3000k屐‘本の約1.5倍
人口 約3300万人 首都ナイロビ(220万人)
民族 キクユ人、ルヒヤ人、カレンジン人、ルオ人等50ものグループ
1895年 イギリス保護領
1963年 独立 ケニア山から国名をつける
1964年 共和制 ジョモ・ケニヤッタ初代大統領
1978年 ダニエル・アラップ・モイ大統領
1982年 ケニア・アフリカ人国民同盟(KANU)ー党制法制化。
1991年 複数政党制再導入
1998年 モイ大統領5期目当選
2002年 総選挙。キバキが第三代大統領(任期5年)

           
       ここをクリックするとアフリカ写真紀行目次に戻る