第五日目
      ケニア アンボセリから タンザニア ンゴロンゴロ自然保護区へ
      移動 途中国境通過してタンザニア入国。

 

この日は移動日。陸路 車でタンザニアの ンゴロンゴロ自然保護区まで国境を越え
て600km移動するので、モーニングコール5.15、7.00にはサファリカー5台に分乗し
てホテル出発。
出発してすぐサファリカーが道路から外れて潅木の生えた道路わきに飛び込む
のでナンだろうと思っていると、今まで見られなかったチーターが居たとのこと。
運転手の手腕のおかげで 潅木の陰に隠れるチーターの姿を 一瞬垣間見れま
したが、 チーターは早いし、車は大ゆれで、とても写真に撮るどころではありませ
んでした。
道路に出るところで1号車がスタックして、手で押して脱出。
その後しばらくして4号車がエンジントラブル。
他の車は先行してしまっているので 小生の乗った3号車で数キロ牽引、近くの
ロッジの庭まで曳航して修理。何でも燃料ポンプの目詰まりだったとか。
我々3号車の運転手が燃料ポンプを分解して直したようで大したものです。


 
ケニア国境のナマンガの町近くで全車再集結、11時ケニア・タンザニア国境を徒歩
で入国手続き。ここでタンザニア側の車に乗り換え。



タンザニア連合共和国
面  積
人  口
民  族
 約94万5000k屐‘本の2.5倍
 約4000万人
 スクマ族マコンデ族、チャガ族、ハヤ族等130ものグループ
 法律上の首都 ドドマ(人口約76万人)
 実質的首都 ダルエスサラーム(人口約250万人)
1884年
1890年

1961年
1963年
1964年
1965〜85年
1985年
1990年
1995年
2000年
2005年
 タンガニーカはドイツの植民支配受ける
 ザンジバルはイギリスが支配
 第一次世界大戦後,タンガニーカもイギリス支配
 タンガニーカ独立
 ザンジバル独立
 タンガニーカとザンジバル統合タンザニア連合共和国成立
 初代大統領ジュリアス・ヌエレレ
 マリー・ハッサン・ムウィニ大統領
 ムウィニ大統領再選
 ムカパ大統領選出
 ムカパ大統領再選
 キクウェテ大統領選出

 タンザニアのアリューシャの街で13.00-14.00昼食。
(インド人経営のスパイスの効いた料理で小生には美味)。
 その後 ガタガタ道を予想していたがつい先年に日本のODAで鴻池組などが建設
した立派な道路が70kmほど完成しており、先のエンジントラブルで1時間ほどロス
したのでンゴロンゴロのホテル到着は真っ暗になってからと覚悟していたのですが
日没前の18.45にはロッジ到着。

 途中ンゴロンゴロ自然保護区のゲート脇ビジターセンターでクレーターの模型や
350万年まえの直立二足歩行の原人家族の足跡のレプリカなど見学。





 先に記したように、このあたり大地溝帯(グレートリフトバレー)は、アフリカ大陸の
ヨルダン渓谷からモザンビークまで約7000km続く大地の裂け目で、500万年前に
アフリカ大陸がユーラシア大陸から離れたときにできたと言われる大きな地溝帯で
この折の褶曲一部土地の隆起により、熱帯雨林がサバンナ化し、サルの一部が
地上二足歩行して原人になったと推測されており、この地溝帯に沿って人類の祖先
の骨や足跡などが沢山発見されています。

 明日訪問するンゴロンゴロ自然保護区の西側セレンゲッテイ国立公園のオルド
バイ渓谷では現在も化石の発掘作業が続けられています。

 
また、ンゴロンゴロ自然保護区は阿蘇山のように外輪山に囲まれた巨大クレー
ターで、今夜のホテルは外輪山の上にあり標高960mから1300mまで登るわけで、
特に外輪山の上辺道路はなかなかの揺れでした。

ンゴロンゴロ自然保護区
1959年
1979年
マサイ語
最高地点

標 高
セレンゲティー国立公園から分離      
ユネスコ世界遺産              
「大きな穴」                  
8300k屐.レーター内は246k屐
ロールマイシン山3290m   
クレーター縁2400m 底1800m 
クレーター 長径20km 短径16km     
クレーターの中にいないもの キリン、雌ゾウ、インパラ

ホテル(NGORONGORO SOPA LODGE)に日没前に着いたので夕日を眺めなが
らホッとしましたことでした。
このホテル、山の悪路を経由して行くにしてはコンクリート造りに木もあしらった
立派なもので部屋もゆったりしており、庭にはプールもあって気に入りました。





                
              ここをクリックするとアフリカ写真紀行目次に戻る