第八日目
ケニア首都NAIROBI空港から ジンバブエ首都ハラレへ移動、ハラレ観光

この日は早朝ケニア首都NAIROBI空港から ジンバブエ首都ハラレへ移動、ハラレ観光の
予定で、飛行機便の都合で早朝4.00モーニングコール、5.15ホテル発、朝食はバスの中で
サンドイッチ類の弁当を食べながらナイロビ空港へ。

・6時前に空港へ着きチェックインを始めましたが、どうしたわけか途中でstop、コンピュー
ターが受付中止したとかで1時間半近くそのまま。
添乗員も「私にも事情がわからない」と途方に暮れた顔つき。
出発時刻8.15の30分前になって受付再開、スーツケース類も慌てて預け、出国手続きも
ソコソコに機内へ。
機内は満席で先に搭乗していた客の荷物で上の棚もいっぱい。
どうやら30分遅れぐらいで出発し、10.10無事?ジンバブエの首都ハラレへ到着。

・ところが、ジンバブエへの入国手続きにかなり手間取り、かなり時間が経過してから
荷物受け取りのターテーブルに行ったにも拘わず、我々一行の荷物22個が一個も到
着しておらず!。



 バゲージクレームで調べてもらうとナイロビで積載荷物が多すぎたため、我々とその他
2〜3グループの荷物は積み残しとなったとのこと。(荷物は翌日の便に積む由)。

 荷物に関する調査などで2時間ほど手間取り、ハラレ空港をやっと12.20バスで出発して
12.50ハラレのホテルCRESTA JAMESONに到着。
 今日は さほど観光もないので休養日のはずがとんだことになりました。

ジンバブエ共和国
ショナ語
面積
「石の家」 遺跡から命名
39万k屐‘本よりやや大きい
人口
人種
1300万人  首都ハラレ(200万人)
ショナ族75%、ンデベレ族20%、白人1%
1890年

1923年
1953年
1963年
英国人セシルローズがイギリス南アフリカ会社を
設立しケープ地方から北進,進入してくる
会社が経営不振になるイギリス自治植民地南ローデシア
ローデシア・ニアサランド連邦成立
連邦解体
1965年 入植白人政権イアンスミス首相が独立宣言イギリス本国は黒人を参政させない国家を認めず,黒人の反政府運動起こる
1980年
1987年
1990年
1996年
 2002年(3月)
ジンバブエとして独立、ムガベ首相就任
ムガベ大統領就任
ムガベ大統領再選
ムガベ大統領三選
ムガベ大統領四選
白人大農園主の土地を政府が没収、黒人農民への土地分配を始めてから、経済混乱が続く。超インフレ状態 US$1=Z$100,000(ジンバブエドル)独立以来のムガベ大統領の独裁で政治機能せず

・全員一晩スーツケース無しで過ごすので、洗面具下着等の買い物をかねて15.00ホテル
発バスで観光へ。



この国はムガベ独裁政権の経済政策の失敗で大変な状況にあり(インフレ率年1.000%ガソリン
も先週リッター4.5US$だったのが今週は6US$とか)、治安も極端に悪くて街の中を歩くのが
危険なので、郊外の政府高官や富裕層の住む高級住宅地の中のショッピングセンターへ。

 ハラレの中心街は英国統治時代の遺産で 道路も広く ナイロビなどと比べて立派ですが、
一寸外れると貧しい身なりの人が多く 失業率は実質80%以上だろうと言われています。
ゴミ漁りをし、旧黒人居住区の貧弱な住居で暮らしている人も多いようです。
 又アフリカではこの国に限りませんが、エイズの羅患率は高く5人に一人以上で、エイズで
死亡した人の墓地もあちこちにありました。



 一方中心街の商店や銀行、高級住宅地のショッピングセンターなどの建物も立派で商品も
豊富であり(ただし銃器をもった警備員と鉄柵・金網で守られており、夜間はほとんど人影が
なくなるとか)貧富の差の大きさがまざまざとしています。
(なお今でも市内の政府関係建物や警官・兵士などのは撮影禁止。バスの中からもカメラを
外に向けないように注意がありました。)
・このジンバブエという国は 元のローデシアで、この国の現代史を語るのにはセシルローズ
(1853英国生まれ。ダイアモンドで有名なデ・ピアス社の創業者でもある)の存在を忘れる
ことが出来ません。

   ・セシル・ローズとローデシア、ジンバブエ。

セシル・ローズは1853年生まれの英国人。1870年、南アフリカに移住。その後わずか10年間でキンバリー最大のダイヤモンド鉱山所有者となる。さらに、奥地ジンバブウェに目をつけ。1888年、ローズはヌデベレ族のローベングラ王と協定を結び、金銭やライフルと引き換えに鉱物資源採掘権を得、全地域の支配権をもローベングラ王に要求。  
様々な策略と強力な私兵軍団でこの国全体を支配し大英帝国の支配下に組み込み、ローズに因んで、ジンバブウェを『ローデシア(セシル・ローズの国)』と命名、現在のザンビア(もと北ローデシア)も含めた一大支配領域を確立した。

また、現地人は一定地域に押し込めるなど悪名高い徹底した人種差別政策(アパルトヘイト)の白人支配国家を作り上げたものである。因みに現在のハラレは当時の英国宰相の名をとってソールズベリーと呼ばれていた)。

1922年、英国政府はローデシアが南アフリカ連邦に併合されることを望んだが、現地の白人社会は南アフリカ連邦への併合を嫌い、自立の道を選んだ。
 1923年英国の自治植民地南ローデシア(現ジンバブウェ)、1924年英国の直轄植民地北ローデシア(現ザンビア)とにわかれるが、いずれも現地の白人支配であった。

第2次大戦後、全世界で民族独立の機運が高まり、、1964年、北ローデシアはザンビア、ニヤサランドはマラウイとして独立した。
ジンバブエも様々な経緯の後1980年 黒人政権が成立、現在のムガベ大統領が当初の首相、その後大統領制を敷いて2002年から四選目であるが、白人農園主の土地没収を進める一方、独裁色と恐怖政治を進め、先の選挙では総投票数よりも得票数のほうが多いなどの奇妙な結果も見られた。

また経済政策も無策に近く、借金の返済にも誠意を見せないため世界銀行から強制離脱措置をとられる寸前になり、コカコーラなど海外資本の撤退も続き 独裁強権政治振りには英米からも強い非難を浴びている。
外国報道機関も締め出しに近く 農業指導などのNGOまで規制して、今後どうなるのか まこと懸念される状況(これもアフリカの歴史と、一つの実態の典型でもあり、資料などから引用してみました)。

・買い物後 ハラレ市街を一望するハラレの丘からの景観を。
(ここは1890年 セシルローズの軍隊が占領し 支配の拠点としたところ。標高1539m)




                
              ここをクリックするとアフリカ写真紀行目次に戻る